« やまとんくらぶ(奈良のお酒を楽しむ会)を開催しました。 | トップページ | やまとんくらぶ 大好評でした♪ 2 »

2011年9月25日 (日)

やまとんくらぶ 盛り上がってます♪

後のお酒と料理はフォトとともに説明。

Kamoya_014
前菜盛り合わせ(クレソン出汁巻き、鴨のロース煮、竜田揚げと焼き野菜の串打ち)合わせたのは梅の宿のアンフィルタード・サケ 純米吟醸 無濾過生原酒[22BY]と先ほど乾杯で出したひやおろしを燗で。

020_2 
アンフィルターは上品で品のある味わいです。どちらかというと辛口ですが味わいはちゃんとあるのは奈良のお酒だからでしょうか。
ひやおろしの燗は杜氏さんのより2℃高くしてちょっと熱すぎました(^_^;)
さすがは杜氏さんしっかりつかんではります!

でもこのお酒は燗にするとまた映えますね♪
そんなに甘くなくスッキリとします。

これらのお酒と3種類の料理がまた合うんですわ(^^)


この会ならではのこだわりの一つ。
この後全てのお酒を冷やと燗の飲み比べではなくて、タイミングをずらして燗酒を出しました。
同じ料理に合わせないことで味と香り的に8本のお酒が16本になるんですよね(^^) 次回から燗の温度は杜氏さんと蔵元の意見を聞きながら温度をお店に依頼。

Kamoya_016

ロースと肝の刺身
これがまた絶品なんです♪
ロースは噛みごたえはあるけど噛んでると旨みがじわじわ来ちゃいます。

肝はもう鮮烈的な旨さです。
旨みがぎゅっと詰まってる感じ。
「うわっ旨!!」って思わず言っちゃいました(^^)

これに合わせたのは大倉の雄町と朝日の燗です。
雄町の安定した味わいは肝の旨みを活かしながら優しく受け止めてくれます。



朝日も燗にしたらまたいい感じに変化するんです。このお酒飲むたびに印象が変わります。

すんません 写真取り忘れてました

燻製の炙りこれも絶品です♪
噛めば噛むほど鴨の脂と肉の旨みがじわじわ出てきます。塩加減も塩梅いいし、炙りの香ばしさが食欲をそそります。

019

018

ここで登場するのは梅乃宿の生もとと大倉の15by本醸造。

梅乃宿の生酛純米 奈良流五段仕込み 無濾過生原酒[22BY]
は甘みもあり、生酛のクセも少しあるもののきれいな味わいで意外とスッキリしています。飲みやすいというのが生酛として良いのかどうかわかりませんが、生酛の入り口にしてはいいかも。

金鼓 山廃本醸造 火入原酒[15BY]は琥珀色で濃そうな感じの割にはこれまたスッキリとした味わいでした。もちろん熟成の味わいはあったんですが、本醸造だからなんでしょう。でもアル添臭さは無かったです。いい感じのすっきりした感じだけ。旨かったです♪


« やまとんくらぶ(奈良のお酒を楽しむ会)を開催しました。 | トップページ | やまとんくらぶ 大好評でした♪ 2 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/507306/41995602

この記事へのトラックバック一覧です: やまとんくらぶ 盛り上がってます♪:

« やまとんくらぶ(奈良のお酒を楽しむ会)を開催しました。 | トップページ | やまとんくらぶ 大好評でした♪ 2 »

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト

美味しいお酒が置いてある飲食店さんのブログ

美味しいお店を紹介ブログ

地酒が置いてる町の酒屋さん

無料ブログはココログ

ウェブページ

最近のトラックバック