« 2008年2月10日 - 2008年2月16日 | トップページ | 2008年2月24日 - 2008年3月1日 »

2008年2月17日 - 2008年2月23日

2008年2月23日 (土)

お酒の会「美酒と料理を楽しむ会」

少し古いのですが、昨年の秋に催された「美酒と料理を楽しむ会」の記事を載せます。
実は2月24日に大阪の酒屋さん主催で吉村秀雄商店さんのお酒の会を行います。
会に来られる人や来ようと思っている人にとって参考になれば幸いです。
年に2回ほど開催されている、奈良県田原本町にある、あべたや酒店さんhttp://www.abetaya.com/のお酒の会「美酒と料理を楽しむ会」ですが、今回は燗付け名人のマックさんhttp://blog.macjiro.jp/が営業をされている蔵で(地元では日本城として有名なんですが、今回持ってきたのは「鉄砲隊」と「車坂」という銘柄のお酒)吉村秀雄商店さんhttp://www.nihonsyu-nihonjyou.co.jp/enjoy/index.htmlでした。

毎回6種類のいろいろなお酒を飲みながら、美味しい料理とゲストに来てくれる藏元さんとの会話を楽しむ企画です。 

P1050256 常連さんが多数を占める会なので、非常にアットホームな暖かい雰囲気ながらも、毎回いろんなお酒を楽しんでいる人達だけあって、藏元さんや蔵の人達にとっては、時には情熱的で、時にはきびしいことも言われていたりしているようで、そういう意味では藏元さんの刺激にもなっているのかなあと思っています。
今回はまるみさんという高田市にある料理屋さんhttp://www4.kcn.ne.jp/~marumi/index.htmlで、ミニ鍋付きの会席でした。ミニ鍋に入っていた鱈の白子はもう忘れられないほどトロッとして美味しかったです♪

先付けの塩辛がみんなに好評でしたね。P1050254

刺身も大ぶりで美味しく、素材の良さがさすがお寿司のお店という感じがします。

天ぷらはカリッと揚がっていて非常に美味しかったですし、握り寿司はもう文句なしの美味しさでした。

P1050262お酒の方は鉄砲隊の爆発にごり生酒の17BYで瓶の中で発酵し続けているためにホンマ爆発寸前のお酒で、開けるのもテクニックと根気が必要です。とにかく瓶を冷やして置いて出てくる炭酸を押さえておかないといけませんし、少しずつ 開けないとシャンパンのように泡が流れて殆どこぼれてしまいますので注意が必要です。

今回は藏元自らが慎重に開けていました。完全にあくのに15分ほどかかったでしょうか。乾杯からがイベントでしたね♪

味わいはキリッとしていて爽やかな感じのお酒で酵母が糖分を食べてしまうので甘さはあまりなく、サラリサラリと飲めるお酒ですね。
キンキンに冷やして乾杯して飲むのに良いお酒ですね。

ちなみにお燗番のマックさんにこの鉄砲隊をぬる燗にしてもらいました。にごり酒は燗にすると旨み成分が活性化されて、コク味と旨みが出てくるんです。

このお酒は冷やと燗とのギャップがあって面白かったんですが、燗だけを見ると冷やで飲んだ方がこのお酒には合っているなあと思いました。
次いで出て来たお酒は「車坂 旨みたっぷり純米酒18BY古米山田錦65%」です。

山田錦の古米を使うことでコストパフォーマンスも良く、でもしっかりした味わいは古米でも山田錦なんでしょうか。

飲み口は軽くてとてもきれいな印象なんですが、口の中でどんどん旨みがふくらんでいきます。

3本目はまたまた鉄砲隊で、純米吟醸原酒瓶囲い一つ火17BY近江産玉栄58%は上立ち香が微量ながら立ち上がってきます。
口に含むと酸味がきわだち、最初は暴れていた感じのお酒でしたが、しばらく置いておくと落ち着きのあるお酒です。

4本目は「車坂 純米吟醸原酒熟成酒14BY山田錦50%」
こんなに時間が経っているのに色はまだ薄いままです。
でも飲んでみると、上品な熟成感のある苦みをそなえています。

このお酒は燗映えのするお酒ですね。
やっぱり熟成酒。苦みが旨みになって、とっても良い感じです。
お酒の会のお酒も後2本。

5本目は「鉄砲隊 純米吟醸原酒 瓶囲い一つ火18BY播州特A山田55%」でした。やわらかい苦みが心地よく、燗にして温度が上がると旨みが増してきます。

最後の6本目のお酒は「車坂 純米大吟醸 無濾過生原酒18BY播州特A山田50%」
このお酒が一番香りの高いお酒でした。香ってくるのは熟したメロンのような甘い香りがして、口に含むと甘みがあってサラッとした感じのお酒でした。好きな人にはたまらないお酒のようで、おかわりをしている人もチラホラいましたね。
このお酒は少し冷えたくらいが美味しいのかな。

全体的にきれいで上品なお酒が多いような気がしました。
お酒だけでも十分楽しめるほど味わい深いですが、食中酒だったらダシの利いた薄味の煮付けや白身魚の刺身などが合いそうですね。でも濃い味付けや赤身の魚や青魚の刺身などには負けてしまいそうです。

僕としては晩酌のお酒に向いているんじゃないかと思います。
燗にしてチビチビ飲みながら漬け物やもろきゅうなどをちょっとつまんで、食事を待つ。なんていうのもいいですねえ。

帰るのが遅い僕には無理なんですが(^_^; 

« 2008年2月10日 - 2008年2月16日 | トップページ | 2008年2月24日 - 2008年3月1日 »

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト

美味しいお酒が置いてある飲食店さんのブログ

美味しいお店を紹介ブログ

地酒が置いてる町の酒屋さん

無料ブログはココログ

ウェブページ

最近のトラックバック