« 2008年7月6日 - 2008年7月12日 | トップページ | 2008年7月27日 - 2008年8月2日 »

2008年7月20日 - 2008年7月26日

2008年7月20日 (日)

酒造界のやすきよが醸すオモローなお酒

この間なんですが、その日は非常に暑くて家にあった350mlのビールじゃ足りないなと思い、通りがかりのリカーショップ「バッカス」にてビールを購入すべく店の中に入ったんです。

店に入ってすぐの所に当店お奨めのお酒が置いてあるんですが、そのお酒のネーミングがまたインパクトがあって、一つは「○○さん感謝感激雨あられ」「もう一つは「流汗酒道(汗水たらして酒を一生懸命売れば道はひらける)」しかもバッカスオリジナルバージョンのお酒だそうです。

へえ~こんなおもろいネーミングの蔵ってどこの蔵やろと思い、裏ラベルを見てビックリ!大倉本家酒造の醸しているお酒やないですか。

Img_0251_2 Img_0252_2 ドえらいネーミングやなあと思いながら何となくこの蔵らしいネーミングやなあとも。

何せこの蔵を支えてる2人のイメージを例えていうなら昔の漫才ブームの立て役者やすしきよしッぽい感じのお2人です。お酒も個性的で、芳醇旨口の奈良にあってがっつりとしたコクと旨みの山廃仕込みにきれいな酸が、ともすればどっしりしがちな酒質をバランス良く支えています。お酒もやすきよ漫才みたいに絶妙な味わいですね。

で、ビールを買わずに「流汗酒道」を買っちゃいました。このお酒は直汲み本生。自家製ひのひかりを50%磨き、お酒にしちゃってます。なんとも贅沢な造りなのに自家製の米を使っているということで値段も低価格に抑えて、このスペックにしたらかなりお買い得感がありますね。

Img_0250 ちょうど家に帰ると、嫁さんの田舎から茄子とキュウリとトマトを送って来てて、キュウリとトマトはそのまま切って食卓に、そして茄子は一口大に切った茄子を豚バラを巻いてから焼いて焼き肉のタレをかけたもの。これが「流汗酒道」にめっちゃ合います♪

冷やせばほどよい苦みがでて、甘い物と合います。常温ではトロリ感がでて、さっぱりしたものでもバランス良く味わえそうです。そして燗にすると酸が出て来て、程良いバランスが♪

「汗水たらして酒を一生懸命造れば道はひらける」多くの蔵に道が開けたらいいですねえ。

« 2008年7月6日 - 2008年7月12日 | トップページ | 2008年7月27日 - 2008年8月2日 »

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト

美味しいお酒が置いてある飲食店さんのブログ

美味しいお店を紹介ブログ

地酒が置いてる町の酒屋さん

無料ブログはココログ

ウェブページ

最近のトラックバック