« 2008年1月6日 - 2008年1月12日 | トップページ | 2008年1月20日 - 2008年1月26日 »

2008年1月13日 - 2008年1月19日

2008年1月16日 (水)

酒飲みの品格

以前読んだ新聞の広告にこんな言葉が、サントリーなんですが。

「思えば品格とは酒飲みにこそ必要なのかもしれません。適量のお酒をおいしく飲んで仲間といい時間を過ごす。
飲み過ぎて騒いだり、口喧嘩をしたり、品格を失うようでは酒飲み失格です。」

酒飲みの品格。考えさせられますね。

2008年1月14日 (月)

日本人は日本酒を大切にしているのか。

アメリカでは和食ブームだとか。だからなのか日本酒も流行っているようですし。

アメリカだけでなく、ヨーロッパでも和食は流行っているようです。健康志向がその大きな理由のようですが、現在は流通技術や農生産物の技術が進んで、良い素材が入りやすくなったのも原因の一つでしょう。
まあともあれ、日本の文化が海外で認められるというのは日本人としては非常に喜ばしいことではありますが、肝心の日本人が和食や日本酒から離れていってるという悲しい現実もありますね。今やビールは苦いからといって飲まない若者も多いんだとか。旅館に行けば相変わらずピリピリした燗酒が出て来ますし(まあそのおかげで今飲んでいる日本酒はどれだけ美味しいか再認識出来るわけですが(^_^))冷酒を頼んでも万人向けの不味くはないけど旨くもないお酒が出て来て、お酒は酔うためだけ引き立て役でさえないことに悲しさを覚えます。

日本酒や焼酎は日本人が誇るべきスピリッツであるはずなのに。

もっともっと知ってもらわないといけないですね。日本酒の美味しさを!!

社員旅行でカニカニ尽くし

3連休の土日は久しぶりの社員旅行でカニカニ尽くしでした。

行ったのは京都の丹後地方にある旅館。行きはずっと雨でバスも旅館の送迎バスらしく、観光用よりは狭かったです。
でも混んでいなくて結構早く旅館には着き、温泉につかり、ゆっくりしてから宴会場へ。

今回はカニ尽くしコースらしく、席に着いたときにはでっかい茹でたカニが丸ごと一匹置いてあって、カニ味噌豆腐とマグロなどのお造りが置いてありました。それとは別にカニの刺身も。カニの刺身はプリブリで甘みがあって(思ったより水くさかったけど)美味しかったです。

まあなんにせよ、茹でカニを食べるのに結構必死でありました(^_^;
そうこう格闘していると今度はカニの焼ける香ばしい匂いがしてきます。そう焼きカニです。これは焼きたてを持ってきてくれるので、熱々が食べられます。しかも潮の旨みが凝縮しているからか、塩をかけたからか、しっかりした味がしてそのまま何も付けずに食べられます。
これが又ほっぺが落ちるほど旨い♪

焼きカニを堪能して再度茹でガニと格闘していると、今度はカニの天ぷら。そしてここからメインイベントなんですが、カニチリが始まります。(まだ来るんやうまい!)いやいやこんな心の声に惑わされてはいけません。こんな贅沢はとても自分では出来ないのですから。

カニチリも贅沢にカニしゃぶでした。カニの身をしゃぶしゃぶっとして食べると甘みが増して美味しいんですよね♪

まあこのようにカニカニカニ尽くしで満足したわけでありますが、たった一つの大きな不満が。
それはお酒が不味かったことです。
まあ旅館に泊まってお酒に満足したのは数える程しかないんですが、今回も不味かった。なんというか味がしないというよりもピリピリ感が駄目だったですよね。辛口の方向性が間違ってるぞと言いたいような辛さでしたね。
これは駄目だと冷酒を一本頼んで飲んでいましたが、良く言えば飲みやすい万人向けのお酒。でもこれはしょうがないんだけど、没個性な味と香りですね。不味くもないけど美味しくもないお酒。

ホンマ宴会場にお酒を持ち込みたかったです。
でも部屋に帰って、持ってきた「篠峰直汲み生原酒」を呑みました。
いやあ 美味しさを再認識しましたね。

次の日は割りと早めに着いたので、どこかに寄ろうかと思ったんですが、お土産など袋を抱えていたのでまっすぐ家に帰りました。

どこかに寄りたかったなあ。

« 2008年1月6日 - 2008年1月12日 | トップページ | 2008年1月20日 - 2008年1月26日 »

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト

美味しいお酒が置いてある飲食店さんのブログ

美味しいお店を紹介ブログ

地酒が置いてる町の酒屋さん

無料ブログはココログ

ウェブページ

最近のトラックバック