« 2008年2月24日 - 2008年3月1日 | トップページ | 2008年3月16日 - 2008年3月22日 »

2008年3月2日 - 2008年3月8日

2008年3月 2日 (日)

酒屋さん主催のお酒の会に

縁は異なもの味なものというのは男女の縁のおもしろさを表現したものですが、縁というものは人生において男女を問わず味なもののようでして。

とくに日本酒好きの人達の世界というのは広いようで狭いのでしょうか(^_^)

昨年の夏に、魚の美味しい居酒屋さん(さらむむ)で出会って以来、日本酒を通して親しくつきあってもらってます酒友達の酒恋倭人さんの紹介で知り合った小林酒店さんの記念すべき初めてのお酒の会に行ってきました。

今回のお酒の会のテーマは「吉村秀雄商店さんのお酒を燗で楽しむ会」でした。

で、今回の吉村秀雄商店さんのお酒というのはこれまたお酒仲間で、ここ何年か一緒にお酒の会を催している幹事仲間でもありますお燗上手のマック次郎さんが営業をしている蔵のお酒で、昨年奈良の酒屋さん主催で行ったお酒の会でも、飲み口の軽いのに旨みがあって飲みやすいお酒であると同時に絶妙な燗具合も相まって、持ってきたお酒が殆ど残らなかったといいます。

そんな大好評だったお酒の会を行った会場は,JRの環状線で西九条の駅を降りてすぐ近くの居酒屋である、「好味屋」さんの2階で行われました。

Img_0157今回ははじめてのお酒の会でもあるし、会の趣旨がアットホームということもあって12人ほどに人数を抑えられたとのこと。会の開始からほのぼのとした雰囲気で進んでいきました。

Photo  会が始まる前に渡された黒のハンドタオルは、蔵から参加者へのプレゼントで、ワンポイントに車坂の刺繍が施してあって、このくらいの大きさのハンドタオルはよく使っているので 嬉しいですね。Photo_2

Photo_4  主催者である小林さん(お兄さん)から挨拶があって、藏元さんが乾杯の挨拶(だったかな?)が終わり、まず最初は純米大吟醸原酒で乾杯。このお酒は蔵で一年させたものだそう。

Photo_3グラスに注ぐと穏やかでフルーティーな香りが漂ってきます。飲み口は軽くてスーッと入っていき、口の中で旨みとやわらかな甘みがどんどんわき上がってきます。みなさん「当てがいらんなあ」っていうほど旨みが口中溢れてきました。

この大吟醸は確かに大吟醸だなと思うきれいさがあるんですが、香り吟醸よりも味吟醸。香り松茸 味シメジといわれますが、このお酒はしめじですかねえ♪このお酒はぬる燗でも美味しいですが、他のお酒は燗向きですが、やっぱり冷やして飲んだ方が美味しいのかなと思います。

Photo_5 他にも美味しいお酒がぬる燗になって出て来て満足。当ても美味しそう♪カツオのタタキにはニンニクの薄切りと生姜の千切りが添えられてあって本格的(^_^)肉のタタキも肉の美味しさが噛むほどに出て来て美味しかったです。Photo_6 日本酒も鉄砲隊と車坂のいろんなバージョンが出て来てきましたね。

Photo_7そうそう35年古酒を特別に持ってきてもらいました。このお酒色は濃い山吹色と味わいも濃厚そうなんですが、色合いからは想像出来ないくらいサラッとしていて、それでいて味わいの深さはお伝えできないくらいふか~い味わいでした♪

ごめんなさい。他のお酒は感想は以前書いたので今回は・・・  興味のある方はそちらの方も見てくださいね。             

さあて いよいよ日本酒の会の醍醐味。発泡酒の開栓が始まります。成功してもたとえ失敗してもご愛敬のこの開栓は盛り上がること間違いなしですよ♪

この開栓に要した時間は15分ほどだったんかな。酒恋倭人さんがビデオ撮影してました。この様子はどこかで撮影されているかも(^_^)

Photo_8 割り水を飲みながらの燗酒。水割り燗などを飲みながらの2時間。楽しい時を過ごしました。最後は小林酒店さん(弟さん)の挨拶で締めて、二次会は立ち呑み屋さん、三次会はうどん屋さんまで行き、帰りました。

さすがに三次会はきつかった。駅に向かうタクシーの中で酔いが加速してきましたね(^◇^;)

にほんブログ村 酒ブログへ

« 2008年2月24日 - 2008年3月1日 | トップページ | 2008年3月16日 - 2008年3月22日 »

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト

美味しいお酒が置いてある飲食店さんのブログ

美味しいお店を紹介ブログ

地酒が置いてる町の酒屋さん

無料ブログはココログ

ウェブページ

最近のトラックバック