« 2007年12月16日 - 2007年12月22日 | トップページ | 2007年12月30日 - 2008年1月5日 »

2007年12月23日 - 2007年12月29日

2007年12月23日 (日)

ある大阪の寿司屋さんで

以前、とある大阪の酒屋さんと一緒に飲みに行った時のこと。

飲み屋さんから誘われるまま近所の寿司屋さんに連れて行ってもらったんですが、その時に聞いた話の流れで飲食店さんからみた地酒に対する評価を聞いてみましたが、その時に聞いた話をまとめると次のような感じの話に

○男女別に見ると女性の方がお酒の味も分かるし、日本酒でも例えば吟醸酒を進めても明快な答えがかえってくる。でも男性はたいがい味を聞いても明快な答えが返ってこないので大手のお酒を進めても、これはというお酒を進めても反応は一緒だ。だからより値段が安い大手の酒の方が売れている。

○地酒を売るのなら地元民の心をくすぐる売り方をしてはどうか?例えばこのあたりは九州や四国出身者が多いので、そのあたりの名の知れたお酒の方が話題性にもなって良いのではないか。

○正直自分の所は寿司屋なので、料理を引き立ててくれるお酒があれば欲しいし、設定としてはやはり2000円位に押さえて欲しい。良いお酒は値段設定がどうしても高くなるしお客さんによっては酔っ払ってお金を払うときに美味しいお酒を飲んだ満足度よりも高くなったお金の方が気になったりする。

等々

飲食店さんも酒屋さんに負けず劣らず大変なんだなあとつくづく思いました。

われわれ消費者が意識を変えていかないと良い酒屋さんや飲食店さんがどんどん無くなっていくような気がします。頑張ろう日本酒好きなみんな!!

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

« 2007年12月16日 - 2007年12月22日 | トップページ | 2007年12月30日 - 2008年1月5日 »

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト

美味しいお酒が置いてある飲食店さんのブログ

美味しいお店を紹介ブログ

地酒が置いてる町の酒屋さん

無料ブログはココログ

ウェブページ

最近のトラックバック