トップページ | 2007年12月16日 - 2007年12月22日 »

2007年12月9日 - 2007年12月15日

2007年12月12日 (水)

不義理を果たすべく その2

ぎょっとさんを後にして、ほろ酔い加減。

でもチト足りんなあと思い、向かった先は八木の駅を南に少し行ったところにある和酒バーのお店「ぜんのすけF1000003のバー。

看板の絵が楽しい♪

階段を上がって扉を開けると販売機が置いてあり、そこで券を買うのもいいし、カウンターでお金を払うのもかまわないのだがついつい飲み過ぎそうなときは買っておいた方がいいかもしれない。

ここに来るとまずビールとおでんが定番で、今回もまずはビールを頼む。

ビールを飲み、おでんをつつきながらふとカウンターの前を見ると、お酒の本がいっぱいおいてあります。マスターが読んだ物から、お客さんが置いていった本も。

ちなみに僕も1ヶ月限定で魚柄仁之助さんの「酒育のすすめ」という本を置いていきました。次に行ったときには違う本を置いていこうかな。

ビールはアッという間に空き、次いで芋焼酎の「芋」をお湯割りで頼む。

この焼酎は、上品な甘い芋の香りがただよいウットリさせる焼酎だ。

おでんをつつきながら飲む焼酎もまた良い感じだ。

最後にお任せの日本酒で出て来たお酒は、篠峰の純米吟醸にごり酒 「もろみ」でコクはあるのに味わいは爽やかで甘すぎずきれいである。

最後に日本酒を飲み満足した僕は嫁さんとの待ち合わせ場所である本屋さんに、千鳥足でぶらぶらと帰っていったのでした。

日頃の不義理を果たすべく その1

土曜日。予定が空いたので、日頃の不義理を果たすべく橿原市にある居酒屋の和ダイニング「ぎょっと」に行ってきた。

店内に入り、いつものカウンター席に座る。

流れる曲はジャズ音楽で、気持ちもゆったりとする。

最初はビールを頼み、付きだし3種をたべる。一口サイズながらきれいな盛りつけが食欲をそそり、一つ一つが味つけも素材も違い、それぞれを楽しめる。

ビールを3口ほどで飲み干し、次いで頼んだのは日本酒で奈良のお酒「篠峰 雄山錦」飲み方は冷酒で。爽やかな飲み口と上品な甘さが口いっぱいに広がる。

つまみも頼もう。料理は鶏のささみと肝の造りを頼む。ごま油をまぶしてあって、韓国料理っぽいのが嬉しい。薬味はショウガとワサビとおろしニンニクで、梅肉ソースも添えられていて、いろんな味が頼みめるのが楽しい。

ささみと肝を交互に、しかもいろんな味付けを楽しみながら食べ、篠峰を飲む。「ああ 旨いなあ」しみじみ思う。

2007年12月11日 (火)

談山神社に紅葉を見に

土曜日に紅葉を見るべく、近場ではありますが紅葉で有名な談山神社に、嫁さんと2人で行ってきました。

シーズンになると混むだろうと8時に家を出て、山道を登っていくとそんなに混んでいなかったのでラッキーと思っていたんですが、実はピークを2週間過ぎていたことに現地に着いてから知り愕然としましたげっそり (下から見ているとまだ青々としていたので今年はもう少しかなと思ってたんですが)

とにかく気を取り直し、車を駐車場に置いてから神社に向かうべく歩いていると、少し手前にある土産物売り場からは、活気のあるおばちゃんの声が。お奨めだという奈良漬けなどをどうですかと言われるが、今買うと荷物なので、「帰りに寄ります」と言ってそこを過ぎ、神社の拝観料を払って中に入る。

もう落ち葉になった紅葉を横目にそれでもきれいそうなところを写真にパチリ。
でも今年は暑かったので焼けて黄色のままが多かったそうです。

そうそう談山神社というのは中大兄の皇子と中臣鎌足らが蘇我入鹿の暗殺を話し合うのに使った場所で、大化改新に一役買ったとしても有名です。

2007年12月 9日 (日)

にほんブログ村 地域生活ブログ 奈良情報へ

今日から

今までブログを作っていてもあまり書き込みしなかったんですが、心機一転して少しでも書いていこうかなあと思っています。

これからもよろしくお願いします。

トップページ | 2007年12月16日 - 2007年12月22日 »

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト

美味しいお酒が置いてある飲食店さんのブログ

美味しいお店を紹介ブログ

地酒が置いてる町の酒屋さん

無料ブログはココログ

ウェブページ

最近のトラックバック